【デュベティカ】クロエ 2015年春夏コレクション – モダンで快活なフォークロア

パリで発表されたクロエ(Chloé)の2015年春夏コレクションショーが開催された前日、2014年9月27日に、1952年にメゾンを創設したギャビーアギョンが、数々の伝説と共に、93歳でこの世を去ったパリのファッションに偉大なる 貢献を果たした彼女に、来場者を含め、多くの人々が深く敬意を表した

今季は、軽やかな素材とヘルシーな肌見せでフォークロアをモダンに昇華した装いを披露ダスティーブルー、テラコッタ(煉瓦色)、ターコイズ、アイボリーなど、日に焼けたようなパレットが装いを彩る

 

繊細なキャミソールストラップで吊るした、ミニドレスやロングドレスなど優しげなフェミニニティを醸し出すピースが豊富に展開特に職人技を駆使した華やかなレースは、ドレスの胸元や裾、シャツ地やなどにあしらわれ、ワードローブに豊かな表情をもたらすまたドラマティックにギャザーが広がるブラウスや、シャーリングでしぼったロングドレスは、空気とともにボリュームをまとう軽やかな仕上がりに

 

一方、メンズライクなアイテムも目立ち、ランウェイに快活なムードを漂わせるデニムシャツに合わせたパンツ、ポンチョのようなフーディ、コンパクトに着こなすボーイッシュシャツなどリラクシングなウェアが中心だ

エフォートレスなスタイルにアクセントを与えたのは、レースアップのシューズヌーディなピンクのサンダルは、ロング丈とショート丈で展開され、細やかなレースアップで抜け感のある足元を作り出した