【ディオール】ディオールがステューシー創業者ショーン・ステューシーとコラボ、バッグやスニーカーに手書き風ロゴ

ディオール

ディオール(DIOR)は、フォール 2020 メンズコレクションでステューシー(STÜSSY)の創業者であるショーンステューシーとコラボレーション2020年6月より順次全国のディオール ブティックおよびディオール公式オンラインブティックにて発売する

ディオールがステューシー創業者ショーンステューシーとコラボ、バッグやスニーカーに手書き風ロゴ|写真8

ディオール メンズ コレクションのアーティスティック ディレクター、 キムジョーンズによるアーティスティックな対話の一環として発表しているアーティストとのコラボレーションこれまで、デビューシーズンのKAWSに続いて、空山基、レイモンドペティボン、アレックスフォクストンとコラボレーションしてきた今回はそれらコラボレーションに次ぐ最新作だ

ショーンステューシーとは

©Sophie Carre©Sophie Carre

ショーンステューシーは、自身の名を冠したブランド、ステューシーの創業者1980年代にカリフォルニア、ハワイ、そして日本で制作したサーフボードで一躍有名になった人物でもあり、20代の頃には、とある日本人ボードビルダーにスカウトされたことから、自らハンドクラフトのサーフボードを制作していた

そして、Tシャツ、ショートパンツ、サーフボードに、走り書きしていた自身のグラフィティ風タグ用サインのロゴをプリントして、販売したことからステューシーをスタート発売後、瞬く間にカルフォルニアの若者たちからの支持を得たそのデザインは、サーフカルチャーのもと愛され、1990年以降はその枠を抜け出し、今やストリートシーンでの人気もすっかり定着している

“DIOR”ロゴをステューシー流に再解釈

©DIOR©DIOR

ディオールのフォール 2020 メンズコレクションでは、キムジョーンズとショーンステューシーがDIORのロゴをグラフィックタグのように再解釈プリントや編地、刺繍などのテクニックを駆使して、多彩な表現であらゆる場所に散りばめている

©Irwin Wong©Irwin Wong

中には、世界で唯一の染色技法をもつ京都マーブルが手掛けたテキスタイルも登場ディオール スニーカー コピー職人がひとつひとつ手作業で染色したロゴとプレイフルな柄の組み合わせは、優しくどこか懐かしくも、力強い染色ならではの奥行のある色彩で、グッと目を引いたディオール オム 偽物

©DIOR©DIOR

再解釈されたロゴは、カラフルなニットや総柄のシャツ、スウィムウェアのようなショートパンツには、所狭しとあしらわれているDIORのロゴとリゾート柄をコラージュしたようなファブリックも印象的で、花とともに入り乱れるマルチな柄は、カジュアルながらもラグジュアリーな装いを完成させる

「サドル」バッグやスニーカー、サーモマグなど小物類

©DIOR©DIOR

コラボレーションでは、小物類も豊富に展開「サドル」バッグには、レディトゥウェアと同じようにプレイフルファブリックを採用したそのほか、バケットハットやスニーカー、サーモマグ、扇子などの小物にも、再解釈されたロゴが印象的に配されている

コラボレーションアイテムを一気にチェック

バッグ

「サドル」ポーチ 320,000円+税「サドル」ポーチ 320,000円+税

コラボレーションによるバッグは、アイコニックな「サドル」バッグをはじめバリエーション豊富に展開総柄タイプのものや、DIORのロゴをグラフィックタグのように再解釈した“ディオール&ショーン”シグネチャーをあしらったものなどを用意した

スニーカー&ブーツ

スニーカー&ブーツ“B23”ハイトップ スニーカー 132,000円(税込)

スニーカー類も充実のラインナップアイコニックな“B23”スニーカーの新作では、メゾンを象徴する“ディオール オブリーク”のモチーフをプリントしたクリア素材のメッシュをベースとし、“ディオール&ショーン”シグネチャーと“BEE”の刺繍をサイドにあしらったまた、グリーンとイエローの“ディオール&ショーン”プリントを全面にあしらったタイプも用意している

メンズアクセサリー

ディオール&ショーン ブローチ 56,000円(税込)ディオール&ショーン ブローチ 56,000円(税込)

遊び心に溢れたアクセサリーも勢揃いリングやネックレスに加え、“BEE”モチーフを配したレザーのカードケースやキーホルダー、ブローチなどを揃えている